聞こえを細かく改善しよう

補聴器

音色が選択できます

補聴器には音を大きくする機能だけでなく、聞こえをサポートするためにさまざまな機能が付いています。拡張器はどの音域も同じように音量感を高くすることができますが、補聴器のように苦手な音域だけ大きくしたり、聞こえが改善する時に生じる悩みに対応することができません。補聴器はアナログからデジタルのタイプへ移行したため、よりきめ細かにそれぞれの音域を調整することができます。低音が聞こえにくい人が補聴器を装用すると音の響きが感じられますが、高音部のメリハリが失われたり、低音の響きに慣れないために疲労感が残る場合があります。そんな時には耳栓や補聴器自体に小さな穴を開けて、空気の流れを良くすることでこもり感がなくなったり、疲労が軽減することがあります。逆に高音が聞こえない人は音の抜けるような「さ行」の音が苦手で、音は聞こえていても会話の内容が理解できない場合があります。高音部を改善させると音にメリハリが出てより会話がしやすい環境が整います。また、補聴器は装用時にハウリングと呼ばれる甲高い雑音が発生することがあるので、ハウリングを抑制する機能を装備している機種が増えています。最初は屋内よりも外出時に使用すると周りの環境音が気になる場合があります。補聴器にはメモリースイッチが搭載されているものがあり、外出時と室内時、電話に出る時など使うシチュエーションによって音の種類を登録することができます。生活環境に合わせて補聴器も細かに調整して、聞こえを改善させていきましょう。