耳

聴力に準じて選ぼう

聞こえの程度が悪くなると、耳鼻科や補聴器専門店での検査によりどちらの耳に装用した方が良いかがわかります。また、ポケット型や耳掛け型、耳穴式など、形状によって価格が異なっていきます。自分の使い勝手に合わせて選定しましょう。

詳しく見る

医者

聴力の矯正は正しく行おう

補聴器による難聴の矯正は体に負担をかけないように調整には気を配ることが大切です。耳孔内の衛生管理も聴こえの良し悪しを左右することから、医療機関での適切な処置を受けながら良好な状態を保つことを心がけます。

詳しく見る

補聴器

聞こえを細かく改善しよう

補聴器には拡張器にはないさまざまな装備が付いています。音域ごとに細かく調整できたり、環境音に対しての疲労感を軽減させたりできます。また、生活シーン別に音色を登録できるので、どのような場所でも自分流に使いこなすことができます。

詳しく見る

診察

聴覚障害の為の器具の選定

難聴の為の補聴器は、たくさんの方にとりなじみの少ないものといえます。ですから、購入する場合に不安を抱くことは無理もありません。その為、自身の状況の中で必要となる機能を理解した上で予算設定することが大事になります。

詳しく見る

夫婦

専門店で購入し快適生活

難聴の症状を少しでもお感じであれば、医師に早期に相談しましょう。補聴器で聴力を補えるかを診断してくれるほか、補聴器専門店を紹介してくれます。補聴器購入後のメンテナンスや調整を負担なく行うために、通いやすい場所の専門店を選ぶといいでしょう。

詳しく見る

聴力を補う道具

院内

得られるメリットの数々

生活する上で音を聞き取る事は重要な事です。会話、電話の着信、インターフォン、病院の呼び出し、車のクラクションなど、日常生活では音で情報を得る事がたくさんあります。この様な、音からの情報を得ることが困難な難聴の方は、日常の不便さや危険、人間関係、精神状態に至る様々な点で悪い影響を引き起こしやすくなっています。難聴の問題を改善する一つの方法として補聴器があります。補聴器は聴力を補い、会話を聴き取りやすくしてくれる道具で、難聴の方にはたくさんのメリットを得る事が出来る道具となります、聴き取れる事で会話がスムースに家族の会話やテレビの音を自分だけ聴き取れないと言う事が無くなり、会話がスムースになります。聴き取り間違いが減る仕事をしている方であれば聴き取り間違いは問題です。会議や電話の会話がスムースになり、聞き返しがなくなりトラブルも減らす事が出来ます。物事に積極的になれる難聴の方は聴き取りにくい事で物事に消極的になりがちで、話す事さえ少なくなってしまします。補聴器を着けることで自信が持て、積極的に生活できる様になります。危険を回避できる音は危険を知らせる合図にも使われています。車のクラクションや火災報知機など、音による危険情報を自分の耳で得る事が出来ます。また、車や自転車などが近づく気配に気が付く事で、事故に合う危険を回避できます。認知症を防ぐ難聴の方は聴き取る事に全ての能力を使ってしまう事でストレスを溜めてしまいます。また、周りとコミュニケーションを取らなくなってしまいます。その結果、認知症になりやすい傾向がある事が解っています。この様に、難聴を補聴器でカバーする事で様々なメリットが生まれます。